スポンサーリンク
0

「愛を歌う君が・・・」詩説

スポンサーリンク

愛を歌う君が・・・」詩説

愛を歌う君が
己を恥じることなく 叫べるように

僕はこの 詩を しるそう

愛を歌う君と
君を描く 僕の詩(うた) が

誰の 幸せに ならなくとも
僕らは 愛と その歌が

悲しみを 空から 悲しみを
涙の 雨を 恵みの雨への 歌として

千の風のように 響くと信じている

夢を追う 若者が
挫けそうな 心に 僕らの 人生賛歌が

希望と勇気に変わり
誰かの 生きる力に なりますよに

僕らは歌うだろう
誰一人として 悲しむことのない歌を

僕らは歌うのだ みんなのうた を
カエルやセミのように 力のかぎり

そして その愛のうたが
君を 愛してくれるように

僕のこの 詩は 終わりたい

愛を歌う君が

己を恥じることなく
        叫べるように・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク