スポンサーリンク
0

詩「あの日の尾崎」

スポンサーリンク

あの日の尾崎

詩が浮かばないよ
僕は引き際なのかもしれない

日々を告白、あの日の尾崎

緩んだ心に 詩は そっけなく
張り詰めた シリアスに
詩は応えてくれる

詩が浮かびそうだ
ただ それだけなのに

音楽の授業思い出していた
壁の上にはいつも
バッハやモーツァルト達の
肖像画が少し怖く見えて

置かれたピアノ 不思議に見えた

今は部屋にキーボードがおかれ
ドレミ 位は弾けるようになった

僕は今告白する
私は音楽そして 詩を愛している

裏切る訳にはいかない

浮かばない詩を 探して
日々を告白していこうではないか

あの日の尾崎のように

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク