スポンサーリンク
0

詩「エリーゼのために」

スポンサーリンク

エリーゼのために

エリーゼのために を
僕のために 弾いて くれないかい?

君 ピアノが 聴きたい
孤独な 人への 歌

闇の中 光さす 街灯の ように
ラ・カンパネラ 聴きながら 思う

何のために 世に 生まれ落ちたのか
生きる 喜び 死は 必ず訪れ

新たな 命に 人生を ゆずり葉の ように
築き上げた 長久の 心が 昔も今も

人生に 砂時計が あるように
時は過ぎ行き やがて 砂は消えゆく

エリーゼのために を
僕のために 弾いて欲しいんだ

僕は 今日も詩を書く 誰のためでもなく
そう 僕は 平和のために
かなしい 心 ひとしずく

君のために 詩を書くのである

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク