スポンサーリンク
0

詩説「青空のうた」

スポンサーリンク

詩説「青空のうた

夜の闇 孤独 預け
僕は 旅出つ

無限の宇宙に 広大な空

詩を 走らせる

それは 君と 
永遠 語らう

画竜点睛の ように

僕が目になるから
キミの龍が 空へと・・・

二人の友情の 証
君は なくした 1/2
半分なのだから

僕の目 あげるよ
そして君は 嘘のない空

永遠 昇り竜となるのだ

やすらかに 休んで 僕もいつか
もうひとつの目 描き

空へ 飛ぶこと だろう

そこで僕らは また出会う時

二人の名前を忘れずに
いられる だろうか?

覚えている 全てを語り
何も変わらぬ 

永遠の続きを 忘れぬよう
画竜点睛の空へと 

皆 追いかけた ボールのように
また 詩の続きを

追いかけたい 青空の歌 
歌うために 

この詩に終わり 告げる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク