0

詩「風が呼ぶ声」

スポンサーリンク

詩「風が呼ぶ声

静かに木々が揺れている
閑静な住宅街

蝉ひとつ 鳴く前の春下がり
カエルの合唱でさえ
オルゴールとともに 都市に消えゆく

聞こえないかい?
風が呼ぶ声を

梅雨明け前の
しめった アスファルトが
冷却ファンのように 気温を下げる

クドいようだが
聞こえないかい?

風が呼ぶ声を

夜空に星ひとつ無い
こんな夜だ

カエルの合唱聞かせてほしい
夕焼けトンボ だ かえろかな

諸行無常な 世の中で
変わらぬものも あると信じたい

そうクドクドしいが
聞こえないかい

風が呼ぶ声を、そう、言うだろ
こたえは風の中に・・・あるってね!

聞こえないんだ 風が呼ぶ声が。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です