スポンサーリンク
0

詩「ねこ・覚えていますか?」

スポンサーリンク

ねこ・覚えていますか?

人を信用している猫だった、変わった猫だった

一度だけ 無条件で 猫にモテた事がある
アルバイト、新聞配達のプレハブの入り口

その子猫は ニャァとなくなり
すり寄ってくるのであったが

これがどんなに貴重な事だか
猫と暮らしたことのなかった
あの日の僕は気づく事もなくその子を遠ざけた

それ以降 他の猫と会っても暮らしても
お母さんだと 思い込む ヒヨコのように
寄ってくる猫は 一度として ない事を思い出す。

変わった子猫だった・・・許して欲しい。
そして 抱きしめて 君と 暮らせるのなら・・・。

人を疑わぬ 君の愛に 僕の胸の鼓動が加速する

ねこ・覚えていますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク