0

詩「少年よ大詩を描け」

スポンサーリンク

少年よ大詩を描け

メロディ ながるる 心の 躍動
心に 流れる旋律に 詩を 走らせる

メロディ 走り出す 正午の時報鳴り
三度の飯より 詩を走らせる いま

確かに感じる 昼下がり 青空の 歌
指揮者になった気分 楽しみつつ

この 世の中 全てに 楽譜 あるのでわないか と
大自然が奏でる シンフォニー 感じつつ

少年の心に 流れた あの日のメロディ忘れえ ぬ

楽譜なき 少年の 旋律聴きたくて
明日もまた 詩を 走らせたい
あの日の虹色の歌 君が恋しい

少年よ大詩を描け・・・

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です