スポンサーリンク
0

詩「尾崎の歌が走る早朝に」

スポンサーリンク

尾崎の歌が走る早朝に

尾崎の歌が走る 早朝に
外はまだ 暗く

冬の寒さ しみる 午前4時
尾崎の歌が 走るこんな 朝は

若く亡くした 友を思い出す

天国があるという ならば
届けて欲しい

こんな 闇の朝に
空高く 高く 高く 私のこの詩を

彼の元へと・・・
尾崎の歌も 知らずに逝った

お前の住む天国とやらに
尾崎の歌が走る 早朝に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク