スポンサーリンク
0

詩説「空と少年の詩」

スポンサーリンク

詩説「空と少年の詩

青空を見上げてみた

あの日の少年のぼくと
年を重ねた いまのぼく

ちっぽけな 空の下にいる

懐かしい青空が
いまも 変わらずに

雲ひとつない この
世界中が ひとつ の空を

みんなで 見上げるんだね

ああ
ボクは 空の子供

ああ
君も 空に抱かれて

生まれてきたのだね

悲しみ 喜び 愛 憎しみ
すべて を
空は 語るように 蒼く

懐かしむように
雲間から さす 木漏れ日が

ぼくを 見透かしたように
少年を 照らしている

空よ うつしてほしい
すべての 愛

空よ 叶えてほしい
いつかの 
少年のうた 響かせるように

みんなの 空を
見上げてみたんだ

少年を 抱きしめて・・・

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク