0

詩説「44の夜」

スポンサーリンク

詩説「44の夜

電球が 消えた 片方の蛍光ランプ

替えの 電球を 持たぬことに

何も考えず この詩を書いている
テレビからは 音楽番組が

外はもう 夜の口 子供たちの声も 聞こえない
ボクは 寂しくない

メロディが 浮かぶ時って
詩が 走る時って

いつも 突然で この詩を走らせている

ひとつしかない 電球が
寂しそに 部屋を 照らしている

ボクは 文才のない 自分に
嫌気がさす こともなく
ただ 自分の描く この詩を

あの日の自分を 見る
17歳の地図のように

気がつけば 44の夜 を
迎えていることに気がついた

スポンサーリンク

味気のない バースデーケーキに
ローソクは もう 必要がなかった

愛 夢 語る若さは もう過ぎ
ただ 日々に 溶け込む 自分の人生が
寂しそに 輝くあの日と

消えた 片方の蛍光ランプのように
必要のない 人生の明かりが たたずみながら

15の夜よりも 44の夜に

タバコはふかさずに 走り出すには
盗んだバイクは 必要がないことに

安堵と 寂しさを感じながら

部屋の明かりに もう一つの電球を
空いたソケットに つけると 
ボクはこの詩を 書き上げていた

この詩に ボクは「44の夜」と名付けた。
そして
今夜ぼくは 自分が大人になり

失われた 思春期に 明かりを灯しながら

タバコに 火をつけていた。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です