スポンサーリンク
0

詩説「ふるさと よ」

スポンサーリンク

詩「ふるさと よ

暖かい 春風が
僕らを つつみこむ

心から 心から
歌う 懐かし ふるさと

僕ら あの日々に
置いてきた 青春が

いまも 僕らを呼ぶように
歌う あの日 ふるさと

悲しみも 知らぬころ
夢ばかり 見ていたと

まるで ボクら 儚い
消えゆく ふるさと だね

あの日の 青春が
僕らを 見て笑う

いつか見た 夕焼けが
寂しそうに 言った

帰っておいで と

暖かい 春風が
僕らを つつみこむ

あの日の ふるさとを
歌いながら

ボクら 生きてゆく

あの日の ふるさと
キミに会いたい

涙のリクエスト

ふるさと 最後のリクエスト

壊れかけのレコードが
鳴くように 歌っている

ふるさと よ ありがとう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク