スポンサーリンク
0

詩説『鈴虫先生』

スポンサーリンク

『鈴虫先生』

夕闇の中 鳴く鈴虫の涼

扇風機が 大活躍なあの日の夏

僕も 鳴きたい こんな夜に

鈴虫 どんな気持ちで鳴くのだぃ?

ひたすら 鳴き続けている

彼らに 聞いても 返事は返ってこない

ただ ただ また 鳴き続けている

僕は 理由のいらない 人生に

凛々(リンリン)と 鳴く 鈴虫を見た

僕は 外の 鈴虫たちに

先生 と 心で唱える事にした

先生 鈴虫先生 ありがとう

鈴虫は また 鳴いている

これが人生なんですね

スポンサーリンク

大バカの僕の 心の中が

この文章の中、明らかになる。

先生は 鈴虫は 鈴虫さんは

いつから鳴いているのか

いつ鳴きやむのかも分からずに

太古のご先祖も 外の鈴虫たちの 歌を

聴いていたのだろうと

残暑の部屋に ペンを走らせている

先生、先生、・・・おやすみなさい。

先生。さ よ ぅ なら。

子守唄のような 彼らに 包まれながら

僕は きっと気がついたら

明日になっているのだろぅと

眠りについた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク