広告
0

日記詩『小さぃ希望』新しぃ扉ひらく。

まえがき ^^^^^^^^^

ひさしぶんに 詩を書きたいと

書いてみたが 詩と呼べたものか

と この詩のあり方に

日記詩と名づけることにする

^^^^^^^^^^^^^^^^^


スポンサーリンク

『小さぃ 希望』

静寂の昼と夜に 浮かぶ景色

気味が悪いくらいに

重苦しい この 感情とも

心とも言えぬ

重くるしさが 鬱の入り口

そんな 気さえもする

悲しい世の中だと

おありたてる 何かが

自分を否定するように

僕は 負けそうな自分が

初めて 人間だという

自覚にも似た アイデンティティ と

僕は 生きると言うことを

楽観視 できない

弱い自分を 受け入れ出していた

そういうと

部屋には 鳴かぬ オーディオと

静寂の昼と夜に 浮かぶ景色が

哀しみの 代償のように 佇んでいた。

僕は 生きていく 明日も その明日も

今日を生きる 僕が 

無責任に書く この 名もなき 詩文に

「小さぃ 希望」、 そう名付け

この告白を 終えることにする。


あとがき ^^^^^^^^^^^^^^

この頃 憂鬱という

感覚が わかる気がしてきた

死を選ぶ 悲しみが

わかるようで

^^^^ 生きるとは こういう事か!



広告
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク