0

明日を今を「生きろッ!。」

まえがき ^^^

今日もポエム日和に 空を仰ぐ

俺は いまも・・・

繰り返す 日々の中で

歌う詩に こう名付けた

^^^ そうさ、


「生きろッ!。」

俺はいま 詩をかくペンに インクをつけ

書き始めていた

あの日の 友や ふるさとの 母に

全ての 記憶が 思い出が

街に降る 雨のように

洗い流される

俺は誰なんだ? その問いに 答える術はなく

型落ちの iPodからは

青春時代に聴いた ラブソングが

リピートされている

俺もいつか 早逝した 親友のように

天に 昇る事だろう

まるで雨に 逆再生する ビデオデッキのようだね

そうこころに 呟いてみた

あの日みた 夜空と 青空の下

僕は 今日も あの日の虹を 探す 探す。、、。

探し続けて いる

僕は 夢見る 少年のように

あの日を 抱く憧れの中で

詩を書く ペン用紙 で 走り書き続けてぃるょ

外には やんだ雨が うっすらと日差す

あかりの中で 今日と明日を描く

初めて見るように 美しい虹が 架かる 空には

鳥達が 歌い 僕は ペン筆のラストに

こう書いて 終わる

(人生は・・・ 終わりなき旅)

そうさ

果てしない物語は 始まったばかり

生きろッ!


あとがき ^^^

この 物語は 君と僕 みんなで

描いていくのさ

そう

冒険の始まりは いつだって

^^^ ネバー・エンディング・ストーリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です