スポンサーリンク
0

詩「きっと いつまでも」

スポンサーリンク

きっと いつまでも

G線上のアリア

心に響く音は 暗い思いを
浄化して くれそうで

しばらく このまま このまま
君といつまでも、そんな 歌のように

G の衝撃 のあと カノン 部屋に響く夕方に
美しい旋律は 心洗い 染められていく

名曲 世界遺産 その旋律 永遠の詩

悲しみなど 抱きしめようじゃないか
そんな気にさせてくれる

時間よ 止まれと 心が告げる

クラシックがこんなに 素晴らしいものだとは

なんで気づかなかったのだろう

ワサビ抜きの 寿司食べてた 幼少期には
酒より オレンジジュース なわけで

心の青春は 大人の中に ある
きっと きっとそう きっと きっと
君といつまでも・・・

しあわせだなぁ、きっとそう そう なのだよね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク