スポンサーリンク
0

詩「君が代」

スポンサーリンク

君が代

君が 居る 空
君は 旅だったのだ

遥かな 歳月の 果てに

君が世 にいる頃
忘れられぬ

君の 声
君の 顔

君が あの世に 居る いま
僕を みえるかい?

君が居ぬ 毎日
君が世に いるのなら

少しは
忘れられた だろうに

君を忘れない
君が世に いた

そんな 歌も 口ずさめるのに

君が世の 名残り惜しさに
コケのみちる まで 涙を グラスを

君が世に はせる 僕が いる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク