スポンサーリンク
0

詩説「暖炉」

スポンサーリンク

暖炉」詩説

家に帰ると
すぐに 暖炉に火をつけた

シングルファーザーの 私と
まだ 幼い 我が子

妻に先立たれ
大切な
忘れ形見の 娘と 二人暮らし

彼女は
日に日に 妻に似てくる

いつか
彼女を 幸せに してくれる
誰かが 現れたら

素直に 喜べるだろうか?

などと
ハラハラする 私だが

いつかは
バージンロード に
娘と 歩きたい と思っている

新しい 娘のパートナーに
私からの
私からの 最初で最後の願い

娘を よろしく頼む
そう言うと 私は

スポンサーリンク

バージンロードに
娘の手を引き 彼の元に辿り着き

バトンを渡すように
彼の手を 委ねた

幼い頃を思い出し
感極まる 娘の涙に

シングル 父親 生活の果て

目がしら 熱く 泣かぬものかと
思うほどに 涙が止まらなかった

くちづけ
祝福の 声 拍手
チャペルの鐘が 鳴り続けた

そんな想像をしながら

暖炉で 温まる
父娘の ささやかな 休日に

いつか 妻が
生きていた頃を

彼女が 生きてくれると

暖炉は ただただ
僕らを温めてくれるのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク